ちょっとよりみち YAMAGATA TOYOTA 子育て世代のママさんを応援するためのサイト
POWERED BY YAMAGATA TOYOTA
  • INSTAGRAM
  • LINE
山形♥名店セレクション YAMAGATA SHOP SELECTION
名店♥セレクションって?
山形の隠れた名店やおすすめスポットを紹介する名店♥セレクション。
山形トヨタスタッフが、女性やママの視点から選んだ山形の名店をご紹介します。
お家の近くやいつものあの道にも、実は隠れた名店があるかもしれません。

変わらない味が懐かしくて新しい!

蔵王温泉名物「稲花餅(いがもち)の里」の

おいしさ再発見!


山形トヨタ 本社 三浦

『さんべ』さんを訪れるのは今回が初めてです。それどころか「いがもちの里」を食べたこともありません。蔵王温泉も詳しくなくて…。そんな私ですが、取材に行くと言ったらみんなからとても羨ましがられました。今日は興味津々で臨みます!


2020年12月に移転オープン!

素敵なカフェには「いがもちの里」のセットや

濃厚ソフトクリームなど人気のメニューがたくさん!



今回の【名店セレクション】は、蔵王温泉名物「いがもちの里」を製造販売している『さんべ』さんを紹介します。現在、蔵王温泉で「いがもちの里」を製造しているのは4件しかないそうです。そして、カフェを併設しているのはここだけ。

実は、『さんべ』さんは長年蔵王温泉の温泉街で営業していました。ところが201910月の台風19号で裏山が崩れ、避難しなければならなくなったのです。約1年の準備期間を経て、202012月に現在の場所で再オープン。場所が山形市側から蔵王温泉に上る途中に変わったので、まだ知らない方が多いようです。“稲花餅の里”ののぼりが目印ですよ。

今日はお店を切り盛りしている三部さん親子にお話しを伺いました。


「いがもちの里」はひと口サイズのこしあん入りお餅のことで、隈笹の葉に3個のっています。甘さはひかえめで、お餅には米粉を使用。保存料が入っていないので早めにいただくのがおすすめです。食べ方が分からない私に、「笹ごと口元まで持ってきて、口ではがして食べてください」と優しく教えていただきました。これなら手で触らないで食べることができます。昔の人の知恵ですね。柔らかくてとってもおいしいです。これは何個でもいけちゃいます。ちなみに、お餅の上にのっている黄色いお米は稲穂をイメージしています。

『さんべ』さんにはカフェスペースがあります。中央と窓側にカウンター席があります。コロナ感染防止対策のため、席数を減らしパーテーションで仕切っているので安心です。外にはテラス席もあります。天気の良い日はおすすめです。


メニューは「いがもちの里」と飲み物のセット、ドリンク、アイスクリームなどです。今日は「いがもちの里」と抹茶の〈きままセット〉をいただきました。カウンターの奥でちゃんと抹茶をたててくれます。他にもコーヒーとの〈わがままセット〉や自家製山ぶどうジュースとの〈みやまセット〉などがあります。タイミングがよければ出来立ての「いがもちの里」をいただくことができます。出来たてはお店でしか食べられないので貴重です。


 

 

生クリームがのったココアやクリームソーダなどカフェメニューも充実しています。クリームソーダは男性にも人気だそうです(帰ってから男性スタッフに聞いたら、ウンウンと頷いていました)。

 



私が気になったのは濃厚ソフトクリーム。牛乳屋さんがつくったソフトクリームで、はっきり言って濃厚(ミルキーに近い味!)。だけど甘すぎない。これはクセになりそう。1年中やっているので、冬でも食べにくるファンが多いとか。納得です。


 

店内のショーケースにはグッズがたくさん並んでいます。「いがもちブローチ」や「おりがみピアス」は、ずっと笑顔で対応していただいている葵さん(私とツーショットで写っています)の手作り。よく見ると細やかでいろんな工夫されているのが分かります。他にも、瓢箪(ひょうたん)ランプやレカンフラワーなど素敵な作品がお店にさりげなく置いてあります。マルシェなどに出店もしていたそうです。みなさんもぜひ目に止めてください。


 

看板ネコの“はなちゃん”が亡くなって、悲しむ間もなく野良ネコの“ハッチ”と“チャ―”がやってきました。茶色の“チャ―”はちょっとだけテラスに顔を出すそうなので、見つけたら呼んでみてください。

「いがもちの里」はお土産に人気なので、週末は早い時間に売切れてしまうことがあります(予約がおすすめ)。早朝に蔵王温泉に入浴に行き、帰りに「いがもちの里」を買って帰るお客様もいらっしゃるそうです。「いがもちの里」はやっぱり蔵王温泉と一緒に楽しみたいですよね。今度は蔵王温泉の魅力をもっと勉強してからまた訪れたいと思います。ちなみに、運がよければ雲海が見られるそうですよ。

三部さん、今日はお忙しいところありがとうございました。


MENU

20219月現在のものです


・わがままセット 550円

 いがもちの里&コーヒー(ホット・アイス)


・みやまセット 650円

 いがもちの里&自家製山ぶどうジュース


・きままセット 550円

 いがもちの里&抹茶

 


・お子様セット(大人もOK) 550円

 いがもちの里&オレンジジュース・アップルジュース・メロンソーダ

・ブレンドコーヒー 500円

・アイスコーヒー 500円

・カフェオレ(ホット・アイス) 550円

・チャイ 550円


・ココア(ホット・アイス) 550円


・抹茶 450円


・クリームソーダ 500円

 


・濃厚ソフトクリーム(年中) 350円

 


お店へのアクセス

いがもちの里 さんべ

店舗情報

いがもちの里 さんべ
住所 山形県山形市蔵王温泉1221-2
電話 023-694-9538
営業時間 9:30~17:00
定休日 不定休
駐車場 あり
Twitter @aokitisan
Instagram @igamochi_sanbe
Facebook @coffeesanbe
  • 駐車場
  • イートイン
  • テイクアウト
店舗外観
本社

この記事は 本社 が取材しました。

〒990-2441 山形市南一番町11-16
電話番号:023-623-1911

コンテンツ Content

  • クルマのトリセツ
  • 山形名店セレクション
  • 絵本図書館
  • イベント情報